住所不定無職、始めました。

世界一周に行く事にします。

2014年08月の記事

あの男がやってきた。

現在出発から136日目。


朝になってバスターミナルが開くと警備員に起こされる。



「そこで寝るな!」


と。


まあ入口の目の前だしね。


昨日の警備員は優しさで寝かせてくれたみたい。



朝七時のバスでポルトガル、リスボンに向かう。


ようはスペインとポルトガルの国際バス。


途中で一応パスポートチェックがある。



けどEU圏内同士の移動だからスタンプも何もなくて


「ola! (こんにちは)」


って言って終わり。



セビージャからリスボンまでも3時間くらい。


まあ快適そのもの。


Wi-Fiまであったよ。




リスボンのバスターミナルでしばらく待つ。


ここである男と待ち合わせ。



待つこと30分ほど









覚えているでしょうか


フィリピン留学が一緒のタカ。


西アフリカに行く!


って意気込んでたのに


気付いたらスペインで聖地巡礼していた


真面目そうに見えて勢いで生きている男。



ちなみに彼は


12kgほどのバックパックを背負い

30日間で

900km歩く


というドM顔負けの聖地巡礼をしっかりこなしたそう。



で、トマティーナに向けて再合流。


「トマティーナに向けてリスボンでダラダラしよう!」


っていう名目で。



しっかりもののタカは三人分の宿まで予約してくれたのでバスターミナルで待ち合わせ。



「久しぶりー!ここから宿まで近いよー!」




『どれくらい?』




「歩いて1時間半くらいかな。」







う、うん。





「7~8kmまでは近いよ!」


感覚も鈍っているみたい。



そんなタカに先導され何とか宿に辿り着く。



ドミトリー14€。


1600円くらい。


やっぱ物価高いなあ。



まあ物価高いから

昨日の夕飯は食パンだったしバスターミナル泊したってのもあるんだけど。



今日はどんな貧乏メニューだろう。


まさかの二日連続食パンとかだったらどうしよう…


タカ、ストイックだし…
















自炊最強。(レオと2人で見てただけ。)


水よりビールが安い。


っていうか何なら水道水が飲める。


美味しいワインがボトルで2€。



タカーーー!!!!


合流して良かったよ。うん。



終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周



スポンサーサイト

ヨーロッパ初日からこんな事になるとは。


現在出発から135日目。


モロッコで行きたい所は全部行ったし


このまま北上してユーラシア大陸に入って


いざヨーロッパへ。


シャウエンからモロッコの港町タンジェまでバス。


3時間くらい。


僕たちは怠慢だから15時発とかいうおっそいバスで向かったんだけど


朝一8時台のバスで向かうとその日のうちに新タンジェ港からスペイン行きのフェリーに乗れます。


僕たちは怠慢だから乗れなかったけど。


なのでこの港町で一泊。


あ、ちなみにタンジェがモロッコで一番お土産のクオリティと値段のバランスが良かったです。


革製品で有名なモロッコですがマラケシュとかより安いです。


クオリティも高い。


めちゃくちゃカッコいい皮のライダースジャケット2000円とかで売ってます。


バックパッカーに絶対に要らない皮のライダースジャケット買うところだったよ。


むしろバックパッカー辞めてバイヤーになろうか半日悩むレベル。



モロッコへの短期旅行を考えてる人は是非ここでお土産買うべき。



そんなタンジェで一泊して


翌朝、というか昼タンジェ新港へ。


怠慢だからね。



タンジェは旧港と新港があるんだけど


スペインに渡るのは新港からのみ。


新港は街から40kmほど離れてて一時間に一本街から出てるバスで向かう。



フェリーも一時間に一本とか頻発してるから、一番安いのチョイスしてテキトーに乗り込む。















フェリーでジブラルタル海峡を越えればそこはヨーロッパ。


船でヨーロッパ入りとかカッコいいじゃん!


って思って自撮りしてみたりするけど風が強すぎて落ち武者みたいな写真しか撮れなくてすぐ消した。


ブログ的には残しとくべきだったと後悔。



スペイン側のアルヘシラスに着くとヤル気もクソも無いイミグレがあって流れ作業でスタンプを貰う。



時差も一時間あるから到着するともう20時頃。



この辺で


アレ?


ってなります。


今日この後


セビージャまで行って


セビージャから夜行で


ポルトガル、リスボンまで行く予定だよね?


間に合わなかったらセビージャの宿調べてないよね?


って。



とりあえずアルヘシラスからセビージャまで21時発のバスに乗ります。


所要時間は2時間から3時間との話。



セビージャ発の夜行バスは24時って話。



あ、バスまで時間あったから夕飯買いました。






食パン 1€
コーラもどき 2本で1€



1€が135円くらいなのでまあ、日本ですね。


高いです。



食パンうめーー!!


なんて言いながらバスでセビージャへ。



2時間ならバスターミナル間の移動しても何とか間に合うかも…


3時間ならまず無理だ。



果たして間に合うのか…















今夜の寝床はバスターミナル(追い出されて外側)。


風通しが良く涼しいですが蚊もついてきます。


ヨーロッパ初日は野宿。


幸先良し。


終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周



メルヘンの世界で二人きり。



現在出発から134日目。



何もしないフェズでの滞在を終えてバスに乗る。


目的地シャウエンには昼過ぎに到着。


サハラ砂漠とかマラケシュ程じゃないかも知れないけどこれまた有名な観光地へ。


この街の何が有名かって

街自体なんですけど。



通称「青い街」



インドのピンクシティを彷彿させるネーミング。


ピンクじゃなかったし。


茶色かったし。


この街はどうなのか。


事前情報だと


「期待して行くところではない」






シャウエンお前もか。





そんな青の街シャウエンがこちら。




















青い!!


カメラが良いから綺麗に写る!


持ち主の腕にはオーバースペック!


現実はここまで青いかと言われれば微妙な所だけど


少なくとも茶色くは無い!!




あ、野良猫がかなりの数います。


野良猫は無害ですが

あろうことか僕たちは経験値高めの野良犬に付け回されました。


噛まれたらどう考えても病院送りな目がイってるやつ。



その犬をまくためにどんどん奥に進んだ結果












青が深まり更にメルヘンの世界に放り込まれた男二人。



「こうちゃん、何かメルヘンなポーズ取ってや。」









『レオもやってみてよ。』







男二人で来るところでは無いようです。


良いトコだけどね。


終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周







旅って楽しいなあ



現在出発から133日目。


昼前にサハラ砂漠から戻ったら


シャワー浴びて飯食ってダラダラ。


夜発のバスで次の街へ向かう。


飯はもちろん金払ったけどシャワーも部屋での待機も無料でさせてくれた。


次に目指す街はシャウエン。


本当はメルズーガからシャウエンの直通バスに乗りたいとこなんだけどそんなもの無いってことで


メルズーガ→フェズ→シャウエン


と移動することに。


最近移動について大して書いてないんだけど


それはつまり快適だから。




時間は遅れるのが当たり前

道が悪過ぎてチャリの方が早そう

エアコンは無い

雨が降ったら濡れる


なんていうインドから



全てが解決されたイランに移動した時はそりゃあもう衝撃でしたよ。


でもイラン→トルコと非常に快適で。


ここモロッコも快適なので特に書いてないってとこです。


ええ。





夜行に乗って明け方にフェズに到着。



ここで問題が。


フェズからシャウエンのバスは人気路線なのか頻繁に満席になって乗れないということ。


僕たちが到着した日も漏れなく満席。


他に選択肢が無いので


奇跡的に空いていた残り2枚の翌日のチケットを予約して


立ち寄る予定の無かった街へ。




結論から言いますが


フェズ


つまんないっす。


いや、個人的にですけども。




スークは他と代わり映えしないものがあり


そこで重い荷物を持って迷うということは


ただ面倒ということでして。




街並みはアフリカ感も無く


かと言って綺麗とは程遠く。


街中は賑やかと言うよりはうるさい。



ベトナムに近い感じ。




ちなみに一泊したのに写真0。


一番興奮したポイントは

ショーケースに入ってオーダーするアイスクリーム(31的な)の味に


バニラ


チョコ


と並んで



コンバース味(ってお姉さんが言ってた)


があって


それが



とっても不味かったこと。


あとは宿でただダラダラ。



バカボンドを読んでから、いかに又八がダメなやつかをレオと語り合った末


「お前又八みたいだな!」ってレオに言う無駄な時間。



あ、あとめちゃくちゃクセのあるソーセージサンド食べました。


不味かったです。



旅って楽しいなあ。




終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周



この旅ベスト3には入るねこりゃ。


現在出発から132日目。





空が明るくなりかけて目を覚ます。


一応マットレスがあるけど


風を感じながら寝るとかカッコつけた結果砂まみれ´д` ;


砂漠の夜は寒いって聞いていたけど意外とそんな事もなく。


というか日中が暑過ぎる。




ガイドのおっちゃんが「サンライズ!サンライズ!」


なんて言うから見に行ったけどもう昇ってたよおっちゃん。



その代わりといっちゃあアレだけど写真撮影したり砂にまみれたりしてサハラ砂漠を満喫することに。
















「サハラ砂漠と二十日大根」




辺り一面砂なんだけど、どれだけ眺めてても飽きなくて一時間以上ボーッとしたり


山駆け登ったり


砂にまみれてみたりして。


寝ていた所に戻るとおっちゃんがチャイとカットフルーツまで出してくれる。


後片付けをして準備も整ったら出発。















今日は来た道を引き返す。


行きと帰りで乗るラクダをレオと交換したんだけれど



乗り心地にかなり違いがあって帰りの方が断然楽。



お尻に優しいラクダ。








たまにおっちゃんが立ち止まって


「フォト!フォト!」


なんて言って写真撮ってくれるんだけど、景色写さないから同じ写真が沢山。



そして高確率で指入り。


最低限の会話しか出来なくて名前すら知らないから


用がある時は


日本語で「おっちゃん!!!」


って呼ぶ。


最初は反応無かったのに気付けば



「おっちゃん!!!」



「…ん?」



みたいに意思の疎通が出来る様になった。


全然会話出来ないのにいい人感がビシビシ伝わってくるおっちゃんで良かった。


格安ツアーだとたまに酷いのもいるらしいし。



そんなおっちゃんに連れられて帰りも一時間半ほどラクダに揺られる。


前日よりマシとはいえラクダの上は尻に来る。


肛門が悲鳴を上げかける頃街に到着。



サハラ砂漠めちゃくちゃ良かった。


スケールが半端ない。


鳥取砂丘なんか目じゃない。


行ったことないけど。




壮大すぎて写真だと僕の技術が足りない為伝わりづらいですが。


気付けば2日で撮った写真は200枚近く。


この旅の現在ベスト3には入ってくる絶景スポット。


来て良かった。






終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周

サハラ砂漠へ。

現在出発から131日目。


マラケシュからバスで12時間ほど乗りメルズーガに到着。


モロッコといえば砂漠!

ってことでサハラ砂漠へ。



バス停から宿がある街までめっちゃ遠いんだけど

バスの中で知り合った新婚旅行カップルのピックアップバンに乗せてもらえちゃう

なんていうラッキーもありタクシーの乗車を回避。



メルズーガはまああれです。


ワンピースで言うユバみたいなとこ。












コーザの父ちゃん探しにも精が出ます。



もちろん居ないんだけど、代わりに居たのは宿には変な日本語を話すスタッフ。



口癖は


「アリガトゴザイマラケシュ」



そのスタッフが作ってくれた夕飯が絶品。










タジン鍋で作ったベルベルオムレツ。


これがもう美味すぎ。


都会のレストランやら、屋台で食べるタジンは作り置きしてて新鮮じゃなかったりするそうで。


ここのはその都度作るから美味いんだと。


今回泊まったのは


「Wilderness Lodge」


ってとこで、


サハラ砂漠ツアーとかも他より100DH安いし、親切だし

めちゃくちゃ良いトコだったんだけど問題はこの部屋。






風通しが悪いのか暑過ぎ。


夜中にベッドを外に引っ張り出して中庭で寝ましたよ。





そんなこんなで翌日頼んでおいたサハラ砂漠ツアーの迎えが宿の前に。








ラクダでお迎え!!


メルズーガは砂漠しか無い街だから宿からちょっと歩けばすぐに砂漠が。



夢にまで見たサハラ砂漠。


















辺り一面砂漠。


鳥取砂丘なんて目じゃないですよもう。行ったこと無いけど。




壮大過ぎると言葉に出来ない。


ただ「すげえ…」


って言うだけ。



何回言ったか分からない。


分かるのはラクダの乗り心地は意外と悪くて尻にくるっていう事だけ。


一時間半ほどラクダで砂漠を進んだらテントが少し集まるところへ。







ラクダは待機。


ちょっとすると薄暗くなる。


今日はサハラ砂漠泊。






おっちゃんが持ってきた食材で料理を作ってくれる。





タジン鍋。



「そんな…サハラ砂漠やで?!



そんなとこで食う飯美味いわけ…







うめーー!!!」



レオがうるさい。


そんくらい美味い。



食事を終えると辺りは真っ暗。


サハラ砂漠と言えば絶景の星空もその見所の一つ。



それがこちら!















うん。何も見えない´д` ;




何とこの日8/11


世界的に月が大きくなり夜でも明るいというスーパームーンの夜。



明るすぎて星なんか見えませんでした☆


星とはあまり縁のない旅。


ちょっと悔しい。




することもあまりないので壊れかけのジャンベを叩いたり


おっちゃんから貰ったベルベルウィスキー飲んだりして就寝。



今夜の寝床はもちろん砂漠!


テントで囲まれた一帯にこれまたテントから引っ張り出してきた毛布とマットレス


何ならマクラまで付く素敵な寝床。




これが日本の河川敷ならただのホームレスだけどここはサハラ砂漠。


こんな贅沢な野宿が有るなんて知らなかった。



静まり返った音のない世界で風を感じながら眠りにつく。



終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周






世界遺産 フナ広場。



現在出発から129日目。



髪の毛刈り上げてさっぱりしたレオと観光へ。


















フナ広場近くのスークは入り組んでいて土産物屋から日用品まで何でも揃う。



中でもモロッコの革製品、めちゃくちゃいいんです。


デザイン○ 値段激安。


日本の10分の1くらいの価格。



どハマりして

お土産合わせてサンダル4足、更には肩がけカバンまで買ったバックパッカーが居るなんて絶対言えない。



ははっ。



昼間は暑いからか店員も弱ってます。







夜になるとウザさが増して楽しいです。







交渉は夜がオススメ。



あいつら昼間やる気なさすぎ。笑






買い物をした後フナ広場に戻る。






広場は無数の屋台が立ち並び喧騒に包まれる。






これこれ。


ずっと来たかったのはここだよ。



よく分からない肉のトマト煮込みを食べる。





美味い。安い。写真なし。



食事を済ませ近くの塔に登って広場を上から眺める。

















すげえ…



大量の屋台。


観光客狙いの大道芸人。


大量の現地人の観光客。



超有名花火大会のピークみたいな、身動き取るのも一苦労な状態がずっと続く。



歩けば歩いたで客引きがガンガン来る。



最初にウザく無いと感じたのは昼間だったからみたい。


夜になるとそれはもう。 うん。



やばい。


モロッコ楽しい。


アフリカっぽくないけど。


終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周








モロッコでヘアーカット。



現在出発から128日目。



そういえばモロッコに来るフライトを決めた頃


ある人物からメッセージが。



『いつマラケシュinなの?』




「8/9だよ~」





『おっけー。』




数時間後。




『マラケシュ10日inチケットゲット!』


『これでまた会える!待っててね!』





差出人







また君か。




そんなレオが来るまで暇だから散歩。












変なおっちゃんに話しかけられる。



『良いカメラだね。カメラマンなの?』



「ありがとう。違うよ~」




『写真撮るのは上手い?』




「知らない。おっちゃんよりは多分ね!」




『おお。頼みがある。僕は二ヶ月後、新しくホテルをオープンするんだけれどインターネットに載せる写真を撮るのが難しくて。時間がある時で良いから撮ってくれない?』






何か楽しそうな依頼が!




「今めっちゃ暇だから行くよ!」






















うん。


何か新手の詐欺かとも思ったけど普通のめっちゃ良いホテルでした。


30枚以上撮ったホテルの写真をおっちゃんのパソコンに移してあげたら感激して、



お礼にと





『次この街に来たらこのホテルにタダで泊めてあげるよ!』






…いつだよ。笑




そんな暇つぶしをしているとやって来ましたレオ。




何とこの男。



僕とりょうさんがトルコで女子大生、女子大生、連呼している時に



ヨルダンで本当に女子大生と出会って二人旅してきたなんて言い出す。



童貞の風上にも置けないやつ。



しかも自慢気でムカつく´д` ;



そんなレオが最初に行きたいと言った所。














…笑




もちろん仕上げは














三流ドラマの殺害シーンより迫力あったよ。


見所はぶるっぶる震える爺ちゃんの手。



終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周

ここ5~6年で異常に顔が変わった。…気がする



現在出発から127日目。



イスタンブール観光も済んだしそろそろ出国。


8/25のトマティーナに合わせてスペインのバレンシアに行きたい。


イスラエル、ヨルダンに行くか


モロッコに行くか迷ったけれど


モロッコに行くことに。


モロッコからなら船でスペイン行けるしね。


トマティーナ終わってヨーロッパちょろっと回ったらイスラエル、ヨルダン。





ということで路面電車と地下鉄を乗り継いでイスタンブール空港へ。


ゆっくりしてたら意外と時間が無くなってて急いだから写真は無い。


チェックインカウンターに行くとパスポート写真と今の顔が違いすぎると難癖付けられた上に警備員を呼ばれる。



で、モロッコビザは無くて良いのかだのなんだの。



少しは出来て良かった英会話。




搭乗待ちをしていると急な大雨。















空港冠水。




従業員やる気なし。



無駄に足止めはくらったけど無事搭乗。




今回はマドリード経由でモロッコ入り。


マドリードに着いたのはすぐだったけどここで16時間待ち。



ここでもプライオリティパス大活躍。


のはずが空港はおろかラウンジにすらWi-Fiが無いという…



一応あるんだけど有料。




ブログ更新しようと思ってたけど結局更新出来ず。


16時間もあるのに。








ひたすらサンドイッチ、甘いもの、ジュース


もしくは睡眠


のローテーション。




超絶怠惰な16時間を過ごしていざフライト。



人生初のアフリカ大陸。


ワクワクする。



ちなみにモロッコ、



世界三大ウザい国



の一つらしいです。



インドの次はモロッコ。



インド、今思い出したらめちゃくちゃウザいからなあ…´д` ;




改めて楽しみなモロッコ。





マドリードからモロッコ、マラケシュへは3時間ほど。


乗り換え16時間の後なら感覚的に一瞬で着く。



飛行機からふと窓の外を見ればイメージ通りのモロッコが。











あ、ちなみにモロッコ入国の時も写真と顔が違う問題ありました。













(参考画像)




うん。やかましいわ´д` ;



何とかスタンプもらって入国。



アフリカ大陸ー!!







空港出たとこ左側にシャトルバスがあります。





こいつ乗って行けばマラケシュの安宿街



というか


世界遺産 フナ広場 まで行けます。


30DH

360円くらい。



英語全然通じないけど


「フナー!フーナー!!」


って言いながら乗ればまあ大丈夫。


チケットにも値段書いてあるし。





バスに乗ってフナ広場に到着。





















おお。


ここもずっと来たかった場所。


有名?なのは夜だけど。



昼も活気がある。


でも何か…


物足りない。




何がって…



人がウザくない!


普通に親切。笑



普通に親切なおっちゃんにホテルまで連れて行ってもらいましたよ。


ええ。










ドミトリーという名の貸切部屋。


ということで明日からはモロッコ編!


終わり。

押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周







アヤソフィアとブルーモスク。



現在出発から126日目。



イスタンブール四日目にしてやっとアヤソフィアとブルーモスクに行く。



ちなみにりょうさんとのんちゃんは結局中に入らないでスイスに飛んでいった。


なんでもハイシーズンだからこれでもかってくらいの長蛇の列。

しかも猛暑。



「中には彼女か奥さんとまた行く~」



とのこと。


りょうさんのそのコメント何回聞いたことか…笑



僕はせっかくだし行ってみることに。



最初に向かったのはブルーモスク。






入場は無料。



現地人とツーリストの入り口が分かれてるんだけど







ツーリスト用はやはり長蛇の列。



中に入る。


















よくもまあこんな豪華なもの作ったなと。


中にはちらほらと祈りをする人たち。


ツーリストは柵で仕切られた外側しか回れないんだけど。




そこらへんに居た日本人夫婦に写真を撮ってもらう。







まあ、30分もあれば満喫出来ます。


並ぶのは1時間くらい。




次に向かったのはアヤソフィア。






こちらは有料。いくらか忘れた。



アヤソフィアは博物館と聖堂が一緒になってる。



門をくぐる。


こちらもまあ豪華なもんでよくこんなもん作ったなと。





























中にはこういう骨董品みたいなものが並んでたり。


何なら商売してたり。



こっちも30分くらいあればまあ満喫出来ます。


4分の1くらいのスペースを工事してたので余計そうかも。



歴史めっちゃ好き!


とか


建築たまらん!


って人には素晴らしい建物だと思います。


悲しい事に学が無い僕は



「あー綺麗だな。」


ってなります。



そんな事より僕が気になっているのは外国人に写真を頼んだ時の構図というかなんというか…















人をメインで写すからどこか分からない問題。



「工事現場と僕。」


ガテン系デビュー☆



終わり。

押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。