住所不定無職、始めました。

世界一周に行く事にします。

カテゴリー "タイ" の記事

体調を崩した時の恐怖心。




出発から83日目。


6/28




今日はスネークファームに3回目の予防接種に行く。



予防接種のスケジュールに左右されてやりたいこともやれないっていうのも馬鹿馬鹿しい話だけどしょうがない。




土曜日はスネークファームの受診時間が午前中のみなのでレオと朝のうちから向かう。



無事にAB肝炎の2回目の摂取に成功。


3回目は半年後。さすがにバンコクでは打てないからどっかで打とう。




ちなみにAB肝炎を打ちたくて向かったレオは


前回の予防接種から必要な時間が経ってなくて、打つ予定の無かった狂犬病を打たされてたけど…


IMG_2318[1]




絡んでるようにしか見えねえ…´д` ;




午前中のうちに予防接種を済ませてカオサンに戻ることが出来た。



正さんは14時頃出るみたい。


何とか見送りに間に合った。




正さんとは東南アジアの大半を一緒に旅した。


パンガンでは一緒に野宿もした。


歳も近いし波長が合うからずっと同じ部屋でも気を遣わずに済んだ。


ちょっとボケてるけど。



荷物12kgしか無いのに



ハードカバーの


「星の王子様」





「ムーミン谷の名言集」


を世界一周に持って来てるっていう…




「マダガスカルの木の下で、星の王子様読むの夢なんよ!」




(°_°)





そんな正さんはフィリピン留学に行く。




あまりにも英語喋れないのに


東南アジアの後

オーストラリアにワーホリ行くっていうから


ちょっと心配になって勧めてみたら行くことにしたみたい。



僕が行ってた所と同じ学校に行くということで


先生とまだいる友達にお土産を買って渡してもらうことに。



そのお土産を選んだりしてたらすぐに時間は過ぎ


正さん出発の時。




「じゃあ、ルート的に南米か日本で!日本だったら寿司食いながら日本酒でも飲もう!」




そんな良い感じの会話を交わしながら


正さんは僕とレオが値段交渉したトゥクトゥクに乗って去って行った。


IMG_2319[1]




正さんバイバイ。


死なない為の英会話習得頑張って!


IMG_2320[1]





正さんを見送って部屋でネパールについて調べたりしていたら


何だか顎に違和感を感じる


というより本当は昨日からリンパが腫れてる感じはあったんだけど、


一日様子見てたらいよいよ本格的に腫れてきた。




触らなくても首の角度を変えたり、何か食べるだけで痛む。


何なら微熱もちょっと出てきたし頭がボーッとする…




参ったな。


明日ネパールへのフライトなんだけどな…


しかも空港泊…



とりあえずネットで症状を入れて調べてみる。



海外で体調を崩すと大したことなくてもやはり心配にはなる。




調べた結果




疲れから来るものであって大した事では無いとの事。



本当ネットは便利。ネット無かったら不安でしょうがないんだろうな…



死ぬことが無いと分かったけど、早く治したいから近くの薬局に抗生物質を買いに行くことに。



が、高い…


1200円とかする。



薬の値段はどこの国も対して変わらない。


出国直前でバーツを少ししか持ってない僕には大打撃だけどしょうがない。


IMG_2324[1]




抗生物質、腫れ・痛み用と熱用を購入。



薬飲むには何か食べなければ…



そしてそれがバンコク最後の食事だ。



何にしよう。




パッタイ?


チャーシュー飯?



いつもの屋台??


バンコクの飯何食っても美味いからな。


悩む…






IMG_2321[1]





お粥。


顎を開けない為


無念のお粥。



具無し。


終わり。


ブログランキングに参加してます。

押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周


スポンサーサイト

痴漢はプレイのみでお願いします。



現在出発から68日目。


6/15


この日何が有ったか知ってますか?


いや、それを書くのがこのブログだろって話なんですけど


そうじゃなくて。


そう、サッカーですね。


W杯 日本対コートジボワール


皆さんご存知の通り負けました。


結果はどうであれ内容についてコメントする気もありませんし

そんな大層な知識もありません。




僕が気になっているのは





サッカーで負けて


どうして



渋谷のスクランブル交差点でハイタッチが起き




どうして



女の子がおっぱいを触られているか




ということです。





つまり


おっぱいが気になっています。




僕は日本という国が理解出来なくなりました。





そんな僕はタイから日本を応援しましたよ。




何故か無音声のテレビで。


数人の日本人と見ましたが


少人数 × 無音声 = 盛り上がりに欠ける



ということで



本田選手のシュートが決まった時



「おお…」



とだけ発しました。



きっとその時



渋谷はおっぱ…







頑張れニッポン!!






さてこの日何が起きたかでしたね。


サッカーを見てダラダラして

夜、バンコクからラオスに向かいます。




電車で。




ハイでました電車。


マレー鉄道

タイ国鉄


36時間乗ってバンコクinしておいてまた電車です。


そろそろ鉄オタに恨まれる頃合いですね。



どうしてこうなったかというと




「安いから」


この一点に限ります。



バンコク→ラオス•ビエンチャンを


直通バスで行くと


1200B。







それに比べ


タイ国内を国鉄で

バンコク→ノーンカイ

と移動し


ノーンカイ→ビエンチャン

をローカルバスで移動すると


750Bで行けるんです。






その差450B

1350円。



迷わず電車。





つまり結果として



タイ全土

電車縦断。



日本帰ったらJRに履歴書送ろうかな。




さて、やってきました


IMG_1953[1]






フアランポーン駅。

僕のタイ初上陸の地。



ここから電車に乗ります。


今回も二等エグゼクティブ寝台。



IMG_1956[1]



感覚的に

バタワース→バンコクはバックパッカーが多かったけど



バンコク→ノーンカイは地元民が多い。



IMG_1957[1]







下の窓側の席が空いてなかった為



今回は上の席。


値段が違うだけあって下の段の方が断然寝心地が良い。



上の席は多少狭くて、エアコン直当たりだから寒くて、寝相の悪い方は落ちるかと。



電車に乗ると二時間程で



IMG_1958[2]







ベッド作ってくれて消灯。






沢山のバックパッカーが大絶賛するラオス。


自然が売りのラオス。



バンコクの喧騒にも良い加減飽きていたところだし。


楽しみでしょうがない。



そんな事を思いながら眠りに着いた。


押してね。

PCの方はこちらから↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方はこちらへどうぞ↓↓文字をタッチすればOKです。
にほんブログ村 世界一周


タイで野宿。フルムーン番外編。


現在出発から67日目。


ブログは6/13。



AM4:30




「正さんごめんね。これ以上あの人たちに迷惑かけれないと思ってさー。」







「そうやな。大丈夫やで!男二人だから野宿すれば!港なら明るいやろうし!」



英語は全く喋れないし、旅行慣れもしてないけれど謎の安心感を与えてくれるこの男。






とりあえず港を目指そう。



ホテルを出た僕と正さん。



辺りは真っ暗。


たまに電灯がある。


港からバンでホテルに来た時は10分くらいだった。


歩いても30分ほどだろう。



遠くで犬が吠えている。


それも何匹も。




「ここで狂犬病のやつに噛まれても48時間以内にバンコク帰れるから血清打てる!」



二人で笑いながら歩く。


もう訳わからない状況だけどまあなんとかなるだろう。


たまに近くにいる犬を見つけては





「このサイズは何とかなる」



「このサイズはヤバい。でもバンコク帰れる。」



なんて話しながら歩くこと30分程。



港が見えてきた。



読み通り港は明るい。




港の近くの公園を横切るその時







「うわっっっ!!!!」








正さんが急に声を上げた。








視線の先には無駄にリアルなトラのオブジェ。








「あのサイズはバンコク帰れんわ。」





よく見ると動物園をイメージしている公園なのかカバやらゾウやらも。



そうこうしてるうちに港に到着。


少し空が明るくなってきた。




「よし!ここで船が来るまでの三時間寝よう!」





選んだのは港のチケットセンター。


灯りはあるのに人はほとんどいない。


ベンチには同じくフルムーン帰り、船待ちと思われるアジアンカップル。





IMG_1855[1]





やはり安心したのかベンチに座ってすぐに浅い眠りにつけた。




IMG_1856[1]







三時間ほどすると辺りが騒がしくなってきた。



IMG_1858[1]


同じ船待ちの人が集まってきたみたい。



っていうか





眠過ぎて目が開かない。


気力で目をこじ開けるとそこにはタカとレオもいた。


タカは酔っ払って小屋風のクラブの端っこで寝て


レオはついさっきまで踊ってたそう。



何て奴らだ。


とりあえずこれで皆揃った。



IMG_1863[1]




船着場まで出て船を待つ。


そう、帰りもあのゲロ船に乗る。



船着場には既に試合終了している人々。



IMG_1864[1]



船が来た。


今回は何を思ったか屋外デッキ席をチョイス。


IMG_1866[1]








しかしながら行きで耐性が出来たのか、疲れ過ぎたのか






IMG_1871[1]




IMG_1872[1]



ゲロ船を物ともせず爆睡。


そこから乗り換えたバスも爆睡。


バスでの会話 0 。







PM9:00

無事カオサンまで到着。



そして疲れ過ぎた反動か



次の日も何もしてない。

ただの休養日と化しました。




楽しかったよフルムーン!


ありがとうパンガン島!


でも多分






もう二度と行かない!



押してね。


PCの方はこちらから↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方はこちらへどうぞ↓↓
にほんブログ村 世界一周

フルムーンパーティ。後編。



現在出発から66日目。


ブログは6/13。





欧米人の群がるハコに突入したものの


こちらからグイグイ行かなければ小汚いアジアンなど相手にされるわけもなく

ちょっと一緒にお酒飲んだり踊ったりして退散。

正確にはおそらくあちらが退散したのであろうが

ここはこちらが退散したことにしておこう。




ビーチを歩く。


歩けど歩けど聞こえるのは爆音と奇声。


目に入るのは踊り狂う欧米人。


体感で

欧米人90%

タイ人5%

他アジアン5%


ってところ。



せっかくなのでビーチの真ん中に行こう









やっぱりこいつら狂ってやがる。


でもそれがまた良い。


法に触れない範囲で楽しく狂ってるのは大好き。


かつてドラッグ島と呼ばれたパンガン。

その名残なのか知らないけれど明らかにタバコとは違う匂いもする。


そして怪しげな男に「マリファナ!」と声をかけられたりもする。


何ならタクシー運転手もマリファナを勧めてくる。


何でわざわざマリファナが違法の国に来てやるのか。

ヨーロピアンなんかオランダ近いじゃん。

そこだけはイマイチわからない。



まあ、そんだけ無法地帯ってこと。


平気でビーチで立ちションするし。


運が良いと?

欧米人女性の立ちション(しゃがみ?)も見れるらしい。




運の良く無い僕は男にしか遭遇しなかったので他のスポットへ。


移動したものの段々疲れてきた…



時間を確認するとAM2:30

昔は朝まで毎日のように飲んでたんだけどなあ

5時まで持つかも怪しいなあ


とか思いつつ


ハグれた時の待ち合わせ時間がAM3:00だったことを思い出して


頃合いを見計らって待ち合わせ場所へ。



2:50頃に向かうも誰も来ない。


3:00過ぎ 正さんとお姉様方登場。


話し合った結果



撤退という英断が下される。

正さんとお姉様's 疲労困憊。



「僕より年上のアラサーのおじさんおばさんが朝まで体力が持つわけないってことは分かってました!」


こう言う時は自分の事を棚に上げて言うだけ言っておこう。



タカとレオは3:30になっても来ないので遊んでいると判断して撤退。


若いって素晴らしい。




ちなみにこの頭のおかしいパーティはAM8:00まで。

なんだそれは。

時間設定まで狂ってる。



撤退が決まったものの僕たちには行くところが無い。


帰りの船の出発は8:30。


まだ5時間もある。


ビーチの中にあるスリーピングエリアと名付けられた


ゲロ壺と化したエリアに行くか迷っていたところ






お姉様方「私たちの部屋で休んで良いよ!今日の朝帰るんでしょ?」




なんだ、ただの女神か。



「おばさんとか言って申し訳ありませんでした。」





お言葉に甘えまくって休ませてもらうことに。




帰りも乗合バンタクシー。


ここぞとばかりに一人100Bずつ回収される。


この際ウダウダ言わず払おう。


そんな事より身体が休息を求めている。




のだが中々乗合バンの人数が集まらず結局着いたのは4:00ごろ。



まあいいや。

とりあえずシャワーお借りして少し床で仮眠取らせてもらおう…





コンコン




部屋のドアが鳴る。



タカ?


レオ?






ホテルのスタッフだった。



フロントを見覚えのないアジアンが通ったから着いて来たみたい。





「この部屋は女性3人の予約のはずだが?」


鬼の形相のスタッフ。







「ごめんなさい。友達なの。ほんの少しだから休ませてあげて。」


お姉様がすかさずフォローしてくれる。







「ダメだ。すぐ出て行け。そうでなければチャージ料を払え。」








困惑するお姉様方。


外はまだ真っ暗で辺りには灯りもほとんどない。








「分かりました。すぐに出て行きます。」


スタッフの言うことはもっともだ。
金払ってないんだもん。ただでさえ荷物預かってもらってるのに、これ以上揉めたら迷惑かけすぎる。









AM4:30


僕と正さんは宿を出た。


未だ帰ってこない若い二人が荷物を取りに来た時の為に「港にいます」とだけ書き置きを残して。




続きは明日。


押してね。



PCの方はこちらから↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方はこちらへどうぞ↓↓文字をタッチすればOKです。
にほんブログ村 世界一周



フルムーンパーティ。前編。


現在出発から65日目。ラオス•バンビエンに到着。




ブログは6/12。


2014年6/12

僕はこの日を待っていた。

そのためにタイに帰ってきたといっても過言ではないメインイベントがこの日行われる。


それはフルムーンパーティ。

かつてドラッグ島と呼ばれたパンガン島。


今現在その島では月に一度、満月の夜にパーティが開かれる。

ビーチ一面にクラブゾーンと出店が広がり

欧米人を中心に世界中から一万人もの人が集まり朝まで飲み明かす。


そんなクレイジーなパーティに参加するため僕はタイに戻ってきた。


パンガン島でフルムーンパーティが行われる6/12


その当日


僕たちは何故かまだバンコクにいた。






ちなみにパンガンが赤いピンのところ。


どうしてこうなったかと言うならば

パンガン島は物価が高くホテル一泊4000円以上という。

貧乏旅行者の僕はそんな金を捻出する財力が無い。


つまりあれ。


当日の早朝バンコクを出て

バスと船を乗り継いで12時間かけてパンガン島に行き

朝まで飲み明かして再びバンコクに戻るというクソみたいなプラン。


金の無さを体力で補おう作戦。


いざパンガン。
待ってろパンガン。


まだ辺りが暗い五時半頃。










ついさっきまで飲んでましたって顔の欧米人を横目にバス乗り場に向かう。

バスと船のチケットは二日前に手配済み。


いざバスに乗り込む。






想像以上に快適。

しかしながら寒い。

エアコンが効き過ぎているけれど

そんな事はこの際どうでも良いので体力を失わないようひたすら寝る。


バスに揺られて7時間程








船着場に到着。

途中のバスでヨダレ垂らしながら寝たのはここだけの話。

それだけよく寝れた。


ここから船に乗り換えて4時間強。


目的地のパンガン島を目指す。







こちらも想像以上に豪華。

同時に乗り込んで来た欧米人なんかもう飲み始めてる。

大きな船だしこりゃ快適そのものだな。

と思ってたが甘かった。















想像以上の揺れと想像以上の運転の荒さ。


三十分も経てば

飲んでた欧米人は吐き始めそれにつられるようにトイレに逃げ出す人多数。

まさにゲロ船とはこの事!状態に。



耐え切れなさそうになってデッキに逃げ出すと

誰かが持ち込んだドリアンが強烈な異臭を放っている

という素晴らしい状況。


何度もリバースを覚悟しながらも何とか耐え抜き


16:30

ついにパンガン島到着。








倒れこむ人々多数。



僕たち一向は


とあるホテルを目指すことに。


ホテル取ってないのに。


そう。

何を隠そう


バンコクで出会った日本人のお姉様方に

フルムーンパーティと今回の弾丸ツアーの話をすると

その人たちも行くらしく

ちょっとした荷物置いたり、朝方シャワー浴びたり、もし万が一潰れたら寝たって良いよ。


という何とも有難いお言葉を頂いていたから。


お言葉に甘えて荷物置かせてもらうことに。

ちなみに港にちょうどそのホテルのピックアップバンが来ていたので


ダメ元で「友達が泊まってるんだ~」って言ったら





乗れた。




写真は無いけれど着いたホテルは豪華そのもの。


まさに東南アジアのリゾート。

そんなところに紛れ込む小汚いバックパッカーズ。

荷物を置かせてもらい、18時頃。


いざフルムーン!


と思ったら


「フルムーン盛り上がるの11時ごろだよ」

またしてもお姉様方に救われる。



しょうがないのでとりあえず夕食を食べる事に。




何故かパンガン島でシュニッツェル。


ちょっとダラダラして21時頃。


とりあえずビーチまで行って見ることに。




ホテルから100Bでビーチまでバンで送迎。






着いたら奥には既に大勢の欧米人。

でもまだピークは先って事だから






着替えて















ペイントして





前髪ヤバくなって









いざフルムーン!!!






これあれです。

バケツ酒。

ウイスキーだのウォッカだのと

ソフトドリンクとかレッドブルを


バケツにドバドバ~して

飲むやつ。





これが完成形。


こんなの見たことねえよ!

って思ったけど


大学時代サークルの合宿でやってた。

しかもこんな小さいやつじゃなくて




業務用の馬鹿でかいボウルで。



そんな話はおいといて















んー。


なんだここは。




テンションぶち上がるだろうな

って思ってたら


余りの欧米人の勢いに逆にちょっと醒める自分が。


まあ、せっかく来てるのに醒めててもしょうがないので


バケツお代わりしまくるという。


そして気付いたら皆バラバラ。


グループの一人が

お世辞にも可愛くない子とどっかに消えて行ったとこまでは皆一緒だったんだけど…


この辺で僕のテンションも上がり出して


「はぐれた時の待ち合わせ時間と場所はもう決めてるし!」


と開き直り


一人欧米人群がるハコに突入したのです。


続きは明日。


押してね。



PCの方はこちらから↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方はこちらへどうぞ↓↓文字をタッチすればOKです。
にほんブログ村 世界一周




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。