住所不定無職、始めました。

世界一周に行く事にします。

カテゴリー "ポーランド" の記事

強制収容所という場所。



ドイツを抜けてポーランド、クラクフに。


クラクフ近郊にはアウシュビッツ強制収容所がある。


個人的にヨーロッパを旅する上でどうしても外せない場所。

かつてヨーロッパの広域を支配していたナチスによる強制収容所だから。


歴史は苦手だけど何でかここは外せない気がしてた。



僕は日本人向けに、ここで長年ガイドをやっている中谷さんにガイドをお願いすることに。

評判も良いし。





ここがアウシュビッツの入り口。


書かれているのは「働けば自由になれる」というスローガン。


































かつてここで強制労働と大量殺戮が行われていた施設を説明しながら回ってくれる。

































当時ナチスに目の敵にされていたユダヤ人が収容された際の持ち物から、収容者に着せられていた洋服。
実際に使われていた薬品の空き缶まで展示されている。





どれだけ広域から収容者が集められていたか。





奥に写っているのはイスラエル人の団体。


かつて母国の人間が大量殺戮されていた場所に来ていた。


皆、背中にIsraelと書かれた白いパーカーを着ていた。


過去を知るために来たのかも知れないけれど、皆で同じパーカーを着て、有る意味自分達を守りながらここに来るというのはどんな気持ちなんだろう。



実際の中谷さんの説明は非常に分かり易かった。


ナチスが悪い!ヒトラーが悪い!なんていうガイドでは無くて実際に起こったことを中心に客観的に話してくれる。


「ナチスからの見方をすれば、ナチス軍にとってユダヤ人を大量殺戮したのは自分達のため。自分達が貧しくて、それを打破するためにユダヤ人を大量に殺戮した。それはユダヤ人がお金に汚い、商売が上手い、そういったイメージからくるものだった。」

「日本もドイツとは戦時中の協力国で、有る意味加害者側。」



だからといって大量殺戮が正しい事だとは思わないけれど、こんな話教科書じゃ絶対知れない。

アウシュビッツ、考えさせられます。

ヨーロッパ旅するなら必見の場所。

そして僕は中谷さんのガイドをお勧めします。


終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。