住所不定無職、始めました。

世界一周に行く事にします。

カテゴリー "イラン" の記事

パレスチナ解放デモと尋問。



現在出発から117日目。



テヘランを出てトルコを目指す。



テヘランはそこまで見所の多い街ではないからさっさと出てしまおう。


宝石見れなかったけどね!



テヘランのバスターミナルで夜行バスを待つ。


大都会だけあってバスターミナルは広く大量の大型バスが停まっている。写真は無い。



ここテヘランから目的地トルコまで行くには


テヘラン→イスタンブール国際バス(所要40時間)





テヘラン→タブリーズ→国境



のどちらかかと。


最初40時間乗ろうとしていたんだけど、結局そのバスがその日無く、タブリーズ経由で行くことに。




バスを待っているとイラン人のお兄さんに話しかけられる。




また写真撮ってとか言われるのか…?





「Welcome to Iran !!」



何回言われても嬉しい。



英語を流暢に話すお兄さんはイランの軍隊でエンジニアをしているそう。



バスまで時間があったのでお喋り。



日本にいつか行きたいという、お兄さん。


世界一周中というと目キラキラさせて羨ましがる。


イラン人はビザやら何やらめちゃくちゃ取りづらいとか。


東南アジアを旅してた時もそうだったけれど、日本人以外の人に羨ましがられると返答に困る。



日本人に羨ましがられても



「行けばいいじゃん!」


って思うし言っちゃう。


世界最強と名高いパスポートを持ってすればビザも簡単に取りやすいし、旅の資金だって日本にいれば貯めれる。



別に高給取りじゃなくても


バイトしてお金貯めて世界一周してます!

みたいな人良く会うし。




でも東南アジアの発展途上国だったり、イランみたいに対外関係があまり良くなかったりするとそうもいかない。


そんな人に簡単に行けば良いよとは言えない。


いつも返答に困る。


今はそうやって言ってくれる人に


Facebookを交換して

「写真見せるからね!」なんて言う事が多い。


旅を終える頃には自分なりの良い返し方も見つかると良いななんて。




そんな事話しているうちにお兄さんのバスの時間が迫ってきた。



イラン人のお兄さんもやっていることに少し驚きつつもFacebookを交換してバイバイ。



バイバイして1.2分後



お兄さんが小走りでこっちに戻ってくる。


「ハイ、ミスター!これをあなたに!」












「あなたに会えてよかった。軍隊のバッチです。」




何にもしてあげれてないのにどうしてこんなに良くしてくれるのか。



もらった瞬間めちゃくちゃ嬉しかったんだけど、こっちは何もしてあげれてないや。



そんな事思っているうちにバスの時間。



夜行バスは快調に進み朝にはタブリーズに到着。



ここタブリーズは昔から国交の地として栄え、そこには中東最古のバザールがありそれがメインの見所。



でも着いたのは金曜日。


イランの祝日は金曜日。



僕はイランにきて最初の金曜日だけど


祝日は家族と過ごすのが一般的なのか店は閉まって街は閑散としているらしい。




その情報通り



街はこんなに閑散と…

















してねえ!!!



なんだこれ。(笑)



人めっちゃいるし何か行進してるし警察いるしテレビ局いるし…



テレビ局の人曰く今日は街をあげてのパレスチナ解放デモが行われているそう。








なんて日に来てしまったんだ…´д` ;




ここでテレビ局に何故かインタビューを受ける。



「なんで今日ここに来たの??」



「バスがあったから。」




0点のインタビューをこなす。





何にせよ宿を目指さなきゃ。



そうは言っても…






































人が多すぎて目的地に中々辿り着かない。


何なら途中で政府を名乗る

SP風なガタイの良いスーツのおっさん二人組に呼び止められ


小一時間尋問される。



「何で今日ここに来たんだ!目的は!」


「今日はイランにとって大切な日なんだ!」


「パスポートを見せろ!」


「カメラのデータもだ!」


「ボスが来るからここで待ってろ!」




尋問された後は護衛と称した見張り付きでホテルまでお見送りして頂きました。


ええ。




ボスを待っている間に皆が持っているビラが気になってちょっと集めてみたところ…







何とも過激なビラ…



イラン人がいい人なのはこの身をもって経験してる。


でも政治が絡むとこうなる。


大人から子供までがデモに参加している。


これもまたイラン人。

こんなに身近に感じる機会が無かったから政治にあまり興味無かった。正直。


もっと勉強しなきゃ。





宿に着いたのは良いけれど外はまだデモをしている。


結局外に出たのは夜になってから。


金曜日 デモの後 ラマダン期間 夜間


レストランの空いていない条件目白押しの中食事を摂れる場所を探すけどもちろん中々見つからない。



そんな時向こうからきたお姉さん



「ハロー!」



お。


英語出来るみたい。



「レストラン!!」



他の単語は通じ無くてもレストランは通じた。


これまた親切なお姉さんで自分が来た道をわざわざ引き返して案内してくれる。




15分近くも。



その間


お姉さんが知っている英単語を聞き出す事に終始。




お姉さんが知っていた単語…




「安い」


「愛してる」


「レストラン」




日本の女性と興味のあるものは一緒のようです。

はい。







よくレストラン通じたなと思いながら安くて美味い肉を食べました。


写真はありません。

はい。


終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周





スポンサーサイト

世界最大のピンクダイヤモンド。



気を取り直してブログを再開しよう。







一回書いたこと思い出して書くのめんどくさ。(笑)



あ!前書いた時ここにボケ挟んだはず!


とか思い出しながら書くのとかなんなん。



まあいいや。




今まで以上にゆるくいきます。


細かい写真も無いしね。



エスファハーンで世界の半分を満喫した。


イランに行く最大の目的を果たした。


ここからはトルコ目指して街を転々としながら観光を進めよう。



昼頃のバスでテヘランに向かう。



やはりバスは快適そのものかつ時間通りに到着する。



到着したのは夜だったので目星をつけていた宿にメトロを乗り継いで向かう。




安宿があるとされる地区は何故かカー用品専門店が立ち並ぶエリア。


というかカー用品しか無いエリア。



テヘランはイランの首都であり650万人が住む大都会。


そんな大都会の夜だけどカー用品専門店しか無い通りは人通りも少ない。



いつものことだけど初めての街は道が分からないから人に聞くことが多い。


自分の方向感覚の信頼性は誰よりも自分が知ってる。


そんなんだから人に道を聞くんだけど英語が通じない。



「ホテル」から通じない。


ここで思い知るのは寝るのジェスチャーの偉大さ。


幼稚園の歌の時間とかにやりそうなあれ。


アラブ人のおっさんとアジア人の小汚い男がそれを交互にやるシュールさ。



何とか無事にホテルに辿り着き睡眠を取る。





ここテヘランはタイで出会った沖崎さんに勧められて来ることにした。



沖崎さんの顔がパッと出たあなたはコアな読書さんですありがとうございます。



沖崎さん曰く


「国立宝石博物館」



なるものがあって、それが必見らしい。



調べたところ宝石博物館はイランメッリー銀行本店の地下金庫にある博物館。


そこには革命前に王家が所有していた宝石コレクションが並べらている。


コレクションの一つである

「宝石の地球儀」


には5万1366個の宝石が埋め込まれ




「光の海」という名で知られるピンクダイヤモンドは


世界最大のピンクダイヤモンド



そのサイズなんと182カラットという化物宝石。




面白そう。


宿を出て軽食を済ませ博物館へ向かう。


首都であろうと外国人観光客は珍しいものなのかここでも散々声をかけられる。


変な日本語を操る自称日本で働いていたというおっさんに声をかけられたと思えば






仕事もしないでダラダラしているタクシー運転手の集まりに招待されチャイをご馳走になる。



そんな事をしながら街中の人と絡みながら歩くとめちゃくちゃ時間がかかる。



そしてやっと辿り着いたイランメッリー銀行本店。







中に入るとそこは…









普通の銀行。




あれ?



と思ったら地下金庫への入り口は別にあるらしい。





それがこちら。




いよいよ来た。


五月にタイで情報を得て二ヶ月越しでやっと来れた。



話によるとここで荷物チェックがあって荷物を預けて…







ん?


張り紙。




「土、日、月、火、曜日のみ解放。」





本日水曜日。











ははっ。



下調べは入念にね☆





宿に戻りVPNアプリ経由でGoogleを開く。




宝石の地球儀








光の海







うん。


…凄さわかんね(°_°)



次の街いこ。


終わり。


押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周



エスファハーンへ。



現在出発から112日目。



朝一のバスでエスファハーンに向かう。




バス停でバスを待っているとイラン人にペルシア語でガンガン話しかけられる。



ペルシア語に日本語で相槌打つことにもすっかり慣れてしばらく会話にならない会話をする。




その結果、何故かケーキとジュースをもらう。








バスは荒野を走り抜ける。










道はしっかり舗装されている。たまに跳ねるけど。



バスだから途中休憩がある。



ラマダン中だからどうせ何も食えないじゃん。







なんて思っていたら食事にありつく事が出来た。


休憩所は例外なのか…?

イラン人も普通に食事してるし…




これまでのバスと違いガンガン跳ねることも途中で止まることもなく14時過ぎにはエスファハーンに到着。







シーラーズよりも少し洗練された空気が流れる。


街は静かで過ごしやすそう。


今回も到着が昼過ぎなので街中の散歩に出かける。




























ザーヤンデ川は乾季の影響か干上がっている。




エスファハーンにはイラン観光の目玉エマーム広場がある。


エマーム広場は、かつて「エスファハーンは世界の半分」とまで言われることになった、世界中から賞賛された広場。







歩いて行ける距離なのでそのままエマーム広場にも行くことに。






















まるで絵の中に入り込んだような広場。

写真だけで見てた、ずっと来たかった場所に自分が来るっていうのは変な感覚。









現地の子供や家族連れが多く来ているこの広場。




イランの一大観光地以前にエスファハーンの人に根付いた広場。






バザールを巡っているとラマダン中でもやっているレストランを見つける。
















そのレストランの内装がこれまた豪華。


そしてウェイターのお兄ちゃん、お決まりの写真撮影。



レストランにWi-Fiがあったので少し長居させてもらい暗くなるのを待つ。


ここ、エマーム広場は夜になるとまた違った顔を見せるから。



暗くなり外に出る。






そこには広場を埋め尽くすほどの家族連れのイラン人。










どの家族もシートを敷いて夕食をとっている。


昼間は静かでゆっくりとした時間が流れていたが夜になると一転賑やかになっている。



そんな広場を散歩する。














こんな広場が1598年に造り始められたなんて。


気付けば座り込んで一時間以上この広場を眺めていた。



満足して宿に戻る。



帰り際にも写真撮影を頼まれる。










こんなに街歩きが楽しい国も珍しい。



治安が悪いかもとか閉鎖的な国かもとか多少心配してたけど、僕は全くそういった印象を受けない。


人が親切で景色は綺麗で。


最高。


来て良かったなイラン。



終わり。


ブログランキングに参加してます。

押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周


3P初体験。




現在出発から111日目。




実はシーラーズは飛行機が安かったから来たってだけなんだけれど


せっかくだし観光。


朝一で向かったのは


マスジェデ・ナスィーロル・モスク。




ホテルから歩いて30分ほどの距離にあるモスク。


このモスクは観光客にとって朝の時間だけ楽しめるモスク。









中に入る。















モスクの側面がステンドグラスで作られていて朝の時間だけ光が入って内部を照らす。



残念ながら下段は改修工事中だったので半分だけ。


それでも十分すぎるほど綺麗。


全部解放したらどんなになるのか。



朝一で美しいモスクを見学し、いい気分で次のスポットへ。



タクシーをチャーターしてペルセポリスに向かう。


英語が通じる人が少なく苦労したけれど、シーラーズの街中からペルセポリスは片道1時間ちょっと。



往復のチャーターで2000円くらいが相場みたい。


1500円までまけてくれるタクシーを見つけてチャーターする。




ペルセポリスはイラン最大の見所のひとつ。


ペルセポリスは「ペルシア人の都」というギリシャ語が語源で世界的にこの名で呼ばれているものの


イランでは一般的に



「タフテ・ジャムシード」


「ジャムシード王の玉座」



と呼ばれているそう。


そして遺跡ファンの間では



ヨルダンのペトラ遺跡、シリアのパルミラ遺跡と並んで



「中東の3P」


と呼ばれてるそう。





さ、


さ…



3…




うん。








着いた!





天候にも恵まれて絶好の観光日和。


それでは3Pヤってみ…


いってみよう!





























こりゃすげえ…


さすが3Pの名は伊達じゃない。



でも



この時僕には異変が起きてたんです。


何か下腹部が圧迫されて…



つまり


ウンコしたかったんです。



猛烈に。




もはや遺跡そっちのけでトイレを探す。




そしてトイレらしき小屋を発見。
















トイレでも


play roomでもなく




praying roomでした。



つまり祈りをする部屋。



トイレはめちゃくちゃ端に追いやられていた。




気を取り直して続きへ。

























うん。

やっぱりスゴい。


ただこの手の遺跡



何がスゴいかイマイチ説明し辛いという問題が。


物書きとしての僕の致命的欠陥。




結論



3P初体験



大満足!!



よし。

終わり!



ブログランキングに参加してます。

押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周





イランという国が大好きになる。




現在出発から110日目。



空港からタクシーに乗る。


粘りに粘って4$で街まで。


イランの物価はここ2~3年で急上昇してるみたい。





昼間に着いたのでカメラを持ってシーラーズの街歩きでもしてみる。







道が…



綺麗だ…



ゴミが全然落ちていない。



日差しが強烈。だけど空気が乾燥しているからインドみたいに居るだけで汗だくとはならない。


日陰に入れば涼しい。




フラフラと歩くとモスクがある。














入り口で写真撮って良いかジェスチャーで聞いたらニッコリ笑顔だったので入ってみる。























なんだこれ。



何も期待しないでたまたま入ったモスクの美しさに度肝を抜かれる。






モスクの中には祈る人もいれば昼寝をしている人もいる。


中にはアイス食べてる人まで。



中で暇そうにしてたおっちゃんがニコニコしながら色々説明してくれる。


ペルシア語で。



もちろん分からないし、英語も全く通じないので日本語で相槌を打つ。




おっちゃんにお礼を言ってモスクを出る。



街の中心部を歩くとすぐに誰かに話しかけられる。


大抵の一言目は


「チー?コリア?ジャポン?」




たまに


「パキスタニ?」





で、二言目には写真撮って攻撃。




もう本当にこれがすごい。


子供からおじいちゃんまで写りたがり多過ぎ。



2~3分に一回は言われる。



そんな膨大な写真たちから選りすぐりの写真がこちら。






わざわざ店内に呼び寄せて仕事を中断。








電話しながらだって呼び止める。








この人ちょっとだけ英語出来て


「I like me !」


って言ってたんだけどナルシストってやつであってるよね。











パン撮ろうとしたら






気付いて







奥から仲間呼んできて








お礼にくれた。

ラマダン中だけどいいのかな。











可愛いおじいちゃん。




もうこんなのばっかり。



で、大抵の人は英語全く出来ないんだけど


たまに喋れる人が居ると必ずと言って良いほど



「Welcome to Iran!!」


って言ってくれる。




というよりその単語だけ知ってる人もちらほらいる。



今までこんなに歓迎される国は無かった。




初日ですっかりイランの虜。






問題はラマダン。


日中は何も口に出来ない。


飲食店も大抵閉まっている。



数少ない開いている店を見つけてメニューを見るもペルシア語のみ。




何か食うもんくれ!


ってジェスチャーして持ち帰ると








大量の米、パン


それに埋れた少量のチキン。


お…オカズが圧倒的に足りない。




終わり。


ブログランキングに参加してます。

押してね。


PCの方↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ケータイ、スマホの方↓↓文字をタッチすればOK!
にほんブログ村 世界一周





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。